子育てだけでなく自分自身も楽しんで生きていきたい。


by madamkey
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 よくストラップにぶら下げているたまごっちを見かける。子供(長女)もきっと欲しいのだろう。

 春休みも終わりの頃、ちょうどたまごっちが売っていたのを思い出す。まさかこんなにブームになろうとは、想像すらしなかった。休みの間にドリルとかを勉強させてそのガンバリ度に応じておもちゃを買ってあげる、ご褒美をしようとしていたとき、彼女は他の商品に興味があった。
私はちょっと後ろ髪を引かれつつ、子供の手前買うわけにも行かず過ごしてしまったあの時を
ちょっぴり後悔しつつ、町中でブラブラ揺れているたまごを見つめている。

 今日はまた正午から発売開始とあってダメもとでPCと携帯をスタンバイ。
何度もカートに入れるを押した、けどダメだった。

 またしてもダメか。一日が終わった・・・とおもったら、さっきメールで抽選に応募しておいた
のが当たった知らせが届いていた。はぁ~よかった。お金を積めば変えるのはわかっているけどそれをしちゃったらニート予備軍を作りそうで心配でもあるし、けど親心としては持たせてあげたいような気分でもあり。

 明日きっと喜ぶだろうな。よかったね。
[PR]
by madamkey | 2005-08-31 00:16
会社の組合があるとかで出かけた主人。
不機嫌そうに帰宅したので丁重にあつかっていたのだが、お風呂に入ってお酒が入ったら
やっといつもの夫に戻った様子。

  私:「今日の組合はどうだったの?」
  
  夫:「茶番だよ、茶番」

その一言だけで沈黙が続いた。

しばらくしてお酒が回り始めると言葉もすべりだした。

「○○サンのかみさんが司会をやっていて・・・」「あれは怖い、怖いなぁ」

その女性は職場結婚をされた人でなんでも仕事はピカイチらしい。いつもべた褒めだ。

そういうセリフを聞くたびにいつもひがみが出てしまう。
私はどうせごく普通の何の取り柄もない専業主婦ですよ~!だって。

昔は理想もあった市夢も希望もあったけど今ではただのおばさん。
仕事もバリバリこなして家事もきちんとしてるみたいだから余計にむかつく。

「頭の切れる女性と結婚すべきだったよね」と嫌みを言うと、「ビールを凍らせてしまうくらい
の方がいいよ」と一言。瓶ビールを急速に冷やそうと冷凍庫に入れたのたがうっかり凍らせて
しまった今日。「すこし抜けてるくらいがオレにはちょうどいい」だって。

都合のいい事いうよ、まったく。
夫の言い分としては全てが完璧すぎると自分より上位にたたれてしまうからイヤなのかもしれない。私には完璧という言葉はまったく似合わないし、適当派だからなぁ。

のろけるつもりはないけど、なんか複雑な気分。

私も何か目標を持って生きていきたいな、残り少ない人生・・・なんてね。
[PR]
by madamkey | 2005-08-27 23:23
ちょうど家を出かけた時間、その時事故は起きていたようだ。
家の近くにある踏切で電車と車が衝突していた。

行き先によってはその現場を目の当たりにしていたかもしれない、巻き込まれていたりして・・・
というところだった。しかし右ではなく左に家を出たためそちら方面には視線を向けることなく
外出した。

大通りを出ようとしたとき、救急車がこちらに向かって走ってくるのが見えた。
通り過ぎるのを待って道に出たのだが、その時自分の後ろで事故が発生していた
と思われる。

買い物が終わって帰ってくるとなにやら怪しい光が点灯している。

近所のおばさんに聞いて、驚いて現場に向かっていった。
報道のカメラマンもすでにいた。警察官も交通整理をしている。車は大破状態。
電車はすでに通過し終えていて、別の電車が慎重に通り過ぎてい区のを見届けて
家に戻ると、TVでもすでに報道されていた。

身近なところで事件、事故が起きるとドキドキするね。
巻き込まれずに済んで良かった。けが人がさほどでなくて良かったとホッとした。
[PR]
by madamkey | 2005-08-27 23:12
病院の予約日だったので午後から出かけた。
長女は眼科(斜視)、次女は小児科(点頭てんかん)での診察で同じ病院に通院中。

上の子はあと少しでトレーニングも終わりなのだが、病院に行くこと=遊びに行くこと?
と、ちょっと勘違いしているみたい。大丈夫かしら・・と思いつつなんとか1つのトレーニングが
修了。あと1つクリアすれば卒業といったところまでたどり着いた。

次女は先日市の1歳半検診があった。やはり成長が遅れ気味だ。机にあるクレヨンと積み木を
見て長女の時を思い出した。そうだよ、確か積み木を積むように言われたり、クレヨンで殴り書き
したような・・・

その結果も気になりつつ、診察へ向かった。微熱もあったのでついでに見てもらって・・・
ここら辺では有名な先生らしく、保健婦さんからあれこれ言われたことなどを投げかけたけど
自分に任せておきなさいといった感じだった。(依然と変わらずだ)次回2ヶ月後に脳波の検査を
して徐々にデパケンも減らしていきましょう、予防接種もしていきましょうということに。

「社会性だけ気をつけてみていてください」

このセリフが心に残った一日だった。


夜中になって・・・
熱が上がった次女、微熱だけど小刻みにふるえている。
深夜専門の小児科に電話したらそこには娘の担当医が常勤していた。

「さっき言い忘れたんですけど、釣り堀の池の鯉とかさわらせたのがいけなかったのかな~」

「それは問題ないでしょう・・・」

診察の時よりも穏やかな声、真夜中も働いているんだ・・・大変だなぁ。

主人には、池の鯉?プププッてきっと笑われているよ、なんて言われちゃったけど。
子供のことが心配で仕方がないのは事実でしょうが。

明日には熱が下がりますように。
[PR]
by madamkey | 2005-08-22 21:38

検査食を食べる主人

明日は
腸検査
をする主人。朝からおかゆ、おかゆ、夕飯はコーンスープのみという・・・彼にとっては過酷な一日だったと思う。それだけしか食べない、食べてはいけないのかと思いきや、とりあえず感触としてクッキーとかがあったりして、なんだか自分がダイエットメニューにつかえそう?な内容である。

しかし、いけないと言われると食べたくなるらしく、「ちょっとだけちょうだい」と言ってはガーリックパンとかスパゲッティを食べていた。大丈夫なのか!え~っ!!

そして、寝る前に下剤を服用、したみたいだ。
大変なんだなぁ、検査って。

私は一度も経験したことないけど、やりたくないなぁ。
下剤は一度だけダイエットしたくて飲んだけど、悲惨だった。元々お通じはいい方だったから。
(ペンぴとは無塩の人が飲んではいけないよね)

次女を出産するときに浣腸したけど、それもいまいちうまくできずにご迷惑をおかけしたっけ。
(詳細は想像にお任せします・・・)

明日無事終わることを願って。
[PR]
by madamkey | 2005-08-14 23:00